本文へ移動

新着情報とお知らせ

「持続化給付金」に関するお知らせ(7/7更新)
2020-07-07
持続化給付金は、資本金10億円以上の大企業を除く、中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を対象に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて事業収入(売上)が前年(前期)よりも50%以上減少している(比較は1か月分)事業者に対して支払われる給付金です。
 
●申請方法は、パソコンやスマートフォンなどの電子申請(オンライン申請)のみとなります。
●申請には必ず「メールアドレス」が必要となりますので、ご自身のメールアドレス、または信頼できるご親族等のメールアドレスをご用意ください。*ご自身でメールアドレスをご準備できない場合は、ご親族等にご相談をお願いします。
●ご自身で電子申請を行うことが困難な方には「申請サポート会場」が設置されていますのでご利用ください。
⇒ 申請サポート会場は「事前予約制」です。web予約又は電話予約(①24時間受付・自動音声ガイダンスTEL.0120-835-130、②オペレーター対応予約窓口TEL.0570-077-866*受付時間:平日、土日祝日ともに9:00~18:00)となります。
●給付金額は、法人は上限200万円、個人事業者は上限100万円です。※ただし、事業収入(売上)の減少分が上限です。減少分(1ヵ月)×12ヵ月(計1年分)が支給金額となります。
《注意》申請(受給)は1事業者1回です。
●申請期間は、令和2年5月1日(金)から令和3年1月15日(金)まで。*令和3年1月15日(金)24時までに送信完了してください。申請サポート会場をご利用の場合はお早めに申請をお願いします。
●申請手続きには事前に準備が必要です。チェックシートや申請補助シートを使って、ご自身が対象となるのか、申請にはどんな情報が必要か、必要書類は何か、など必ずご確認・ご準備のうえ手続きを行ってください。
〔記入例〕
[チェック!]持続化給付金の「宣誓・同意事項」「不給付要件」
■宣誓・同意事項
(1)給付対象者の要件を満たしていること
(2)不給付要件に該当しないこと
(3)入力必須事項及び証拠書類等の内容が虚偽でないこと
(4)事務局及び中小企業庁長官の委任した者が行う、関係書類の提出指導、事情聴取、立入検査等の調査に応じること
(5)不正受給が判明した場合には、規定に従い給付金の返還等を行うこと
(6)暴力団排除に関する誓約事項に同意すること
(7)持続化給付金給付規程(個人事業者向け)に従うこと
 
■不給付要件
以下の(1)から(3)のいずれかに該当する場合は、給付対象外となります。
(1)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する「性風俗関連特殊営業」、当該営業に係る「接客業務受託営業」を行う事業者
(2)宗教上の組織若しくは団体
(3)(1)(2)に掲げる者のほか、給付金の趣旨・目的に照らして適当でないと中小企業庁長官が判断する者
警告マーク(丸)対象者要件(給付要件)、宣誓・同意事項、不給付要件は必ず確認しましょう。
 
●申請をお考えの方で、ご不明な点がある場合はお問い合わせください。※ただし、内容によっては直接コールセンターへお電話をお願いすることもございます。予めご了承ください。
黒羽商工会 TEL.0287-54-0568
持続化給付金事業コールセンター TEL.0120-115-570
 
◎詳しくは持続化給付金ホームページをご確認ください。
 
黒羽商工会
〒324-0241
栃木県大田原市黒羽向町112-2
TEL.0287-54-0568
FAX.0287-54-4327
メール:
kurobane_net@shokokai-tochigi.or.jp
TOPへ戻る